Top >  防犯について >  浴室の窓への防犯

スポンサードリンク

浴室の窓への防犯

人目に付きにくい浴室の窓は、泥棒の侵入場所としては都合のよい場所になっています。
また、換気や湿気対策で昼間は開けていることも多く、意外と無防備にしている方が多いようです。
格子も飾り程度の簡素なものが多く、防犯対策はあまりしていないのが現状です。
主に普及している格子は、外側からのボルトやネジによる簡単な取り付けによるものがほとんどなので、
防犯には適していないようです。
防犯性を上げるためには、防犯性に優れたサッシ一体型の格子が効果的です。
サッシ一体型の格子は、もともとアルミサッシと一体となった格子なので、外すことはできません。
今付いている格子を活用知る場合は、できるだけ長いネジを格子の取り付けに使い、
下地材にしっかり固定する事です。
ネジの頭をつぶし接着剤などで固定するのも防犯に期待できます。





スポンサードリンク

 <  前の記事 泥棒の服装  |  トップページ  |  次の記事 カーテンの選び方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/13174

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「防犯対策してる?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。