Top >  防犯対策 >  店舗の防犯対策

スポンサードリンク

店舗の防犯対策

店舗が空き巣に侵入されるのは、閉店している夜間や定休日の店が無人になるときです。
店舗が狙われる理由としては、無人である事は外から見て分かりやすく、
特に商店街の場合は、夜は住民が少なく防犯が薄くなり狙われやすい状況になります。
そして、現金がある可能性も高く、現金ばかりでなく商品も盗めるからです。
防犯対策としては、防犯カメラやセキュリティーシステムで防犯を強化したり、常に警戒の必要があります。
特に、ゴールデンウィーク、年末年始の売上金額が高額になっている時は注意しましょう。
また、店舗が狙われるのは閉店後ばかりではありません。
現金を外に運ぶ際もひったくりや強盗に襲われる事もあります。
この場合は、現金を盗まれるだけでなく、ケガをしたり最悪の事態になる可能性もあり危険です。
現金を運ぶ際は、一人でなく複数での行動で防犯対策をお勧めします。
行動パターンを調べられているかもしれないので、
現金を運ぶ時間帯は常に変更したほうが、防犯対策になります。





スポンサードリンク

 <  前の記事 学習塾の防犯対策  |  トップページ  |  次の記事 侵入を諦める時間  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/13171

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「防犯対策してる?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。