スポンサードリンク

« 2008年02月27日 | Top

【最新記事】

誘拐など子どもを狙った犯罪が頻発し、
子どもが防犯ブザーを持ち歩く事が多くなりました。
防犯対策に積極的な自治体では、
防犯対策の一環として児童に携帯型防犯ブザーを無料配布しているところもあります。
子どもが持つ防犯ブザーの選び方としては、ヒモを引くだけでアラームが鳴り響き、
使いやすいものがよいでしょう。
そして、十分な耐久性が求められます。
ランドセルに吊り下げて、
走ったりした振動で壊れるような防犯ブザーではいざというときに役に立ちません。
せっかくの防犯ブザーも、使う本人が気に入らなくて、
かばんのそこに入っていたり、学校に置きっぱなしになったのでは意味がありません。
防犯ブザーは、ホームセンターやデパート、通販でも購入でき、非常にたくさんの商品があります。
選ぶ際には、使う本人が気に入ったものを選ぶ事をお勧めします。





スポンサードリンク

防犯対策してる?

防犯対策の基本は戸締りからと言われますが、現代ではそれだけでは無防備に等しい状態です。防犯ガラスや防犯カメラはもちろんホームセキュリティからタウンセキュリティまで。現代の防犯対策を知ってください。


更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo